Web予約のアイコン画像

簡単WEB予約

tel予約のアイコンの画像

簡単TEL予約

院内感染対策

イルカ歯科医院の
感染予防対策

衛生管理に最も力を入れています

器具の滅菌は、歯科医療を行う上で、最も重要な事項の一つです。
このコロナ時代、感染対策に関しては、その重要度は更に増すばかりです。 この重要な業務を、世の中の多くの歯科医院では、歯科衛生士や歯科助手が、 忙しい診療の合間にパパっと済ませているのが一般的です。
衛生管理に最も力を入れているイルカ歯科医院では、滅菌専門の訓練を受けた滅菌専任のスタッフがいます。
歯科治療には用途によって様々な器具があり、それぞれに必要な滅菌方法・ 工程が存在します。滅菌スタッフは診療の介助などには一切関わらず、これら 一つ一つの複雑な滅菌処理に専念しています。
彼女らのおかげで、歯科医師、歯科衛生士、歯科助手たちは、安心して清潔な器具を使用し、診療に集中することができるのです。

オートクレープを使って滅菌をしている画像

最高水準の滅菌機

衛生管理の先進国と言えば、やはりヨーロッパ諸国になりますが、
イルカ歯科医院では、そのヨーロッパの基準で最高クラスのスペック(クラスB)の滅菌機を用いて、患者様のお口の中に直接入る器具を滅菌しています。 器具は一つ一つ個包装した状態で仕上がり、一瞬でも患者様に触れた器具はすぐに滅菌工程に回しております。それには理由があります。

オートクレープを使って滅菌をしている画像2

ユニバーサルプレコーションから
スタンダードプレコーションへ

世の中には様々な感染症があり、死に至るような毒性の強いものもあれば、感染した本人ですら気づいていないものまであります。
ユニバーサルプレコーションとは、推定される感染病態に関わらず、すべての人々の血液や体液は、それに汚染された器具や環境も含めて感染性があるものとして取り扱う、感染防止対策のことです。

スタンダードプレコーションは、このユニバーサルスプレコーションを更に発展させたもので、全ての患者様を感染者と仮定することは同じですが、その血液を含むかどうかに限らず、体液はもちろんのこと、全ての体液、唾液などの分泌物全て、排泄物、粘膜などを感染源とみなし、感染対策をとるものです。
イルカ歯科医院では、一医療機関として感染の連鎖を断ち切ること、医療現場を感染源としてはならないという強い思いから、このスタンダードプレコーションに基づき感染防止対策をしています。

顎関節授動術の画像
マウスピース療法の画像
ボトックス治療の画像

ご予約はこちらから